赤ちゃんの離乳食について、食材別にご紹介!

離乳食.ねっと

未分類

赤ちゃんの離乳食でかいわれ大根はいつから?下ごしらえや冷凍方法、レシピもご紹介!

投稿日:

かいわれ大根はあまりメインになる野菜ではありませんが、さっぱりとしていて少し辛味があるのが特徴の野菜です。

サラダなど生で食べることが多いと思いますが、スープや炒め物などに使っても美味しいですよ。

 

あまり家庭で使うことも少ないかもしれませんが、赤ちゃんの離乳食にはいつ頃から使うことができるのでしょうか?

下ごしらえや離乳食に使う時の注意点など、離乳食作りに役立つ情報をまとめましたので参考にしてください!




Chapter 1. 赤ちゃんの離乳食でかいわれ大根はいつから?

Section 1. かいわれ大根の栄養は?赤ちゃんにも良い?

かいわれ大根というのは大根の芽が発芽したものです。

あまり栄養が無さそうに見えますが、実はビタミンをはじめとする栄養が豊富に含まれていますよ!

 

 

中でもビタミンKビタミンCが特に豊富に含まれています。

ビタミンC:免疫力を高め、美肌効果や風邪予防をする

ビタミンK:血液凝固作用やカルシウムの吸収をよくしてくれるので、骨を強くする働きがあります。

 

かいわれ大根を食べると軽くピリっとした辛みがありますが、あれは「イソチオシアネート」という辛み成分。

イソチオシアネートには食欲増進効果や殺菌効果があります。

また、消化酵素である「ジアスターゼ」が、かいわれ大根には大量に含まれているので、これまた消化を助けてくれる効果がありますよ。

 

Section 2. 赤ちゃんの離乳食でかいわれ大根はいつから?

赤ちゃんには、離乳食後期の生後9か月頃からかいわれ大根を食べさせると良いでしょう。

 

かいわれ大根はいつ頃から赤ちゃんに与えてよいのかは、サイトや育児書などによっても様々です。

あまり食卓で使われないためか、離乳食の本などに書かれていないものもありました。

 

かいわれ大根は大根の新芽で、アクなどもなく柔らかくなるので、葉の部分などは離乳食初期や中期などでも食べられるかもしれませんが、かいわれ大根には独特の辛味があります。

赤ちゃんは辛味や苦みが苦手なので、あえて早い時期から与えなくても良いと思います。

他にも甘みがあって食べやすい野菜はたくさんありますからね!

 

加熱をすると辛味や苦みも抑えられますので、初めて赤ちゃんに食べさせる時にはしっかり加熱した柔らかいものを少量与えて様子をみてください。

生のかいわれ大根は、大人でも苦手な方がいますので3歳頃から少しずつ食べさせていくと良いと思います。

 

【かいわれ大根のアレルギーは?】

かいわれ大根はアレルギーになりやすい食材には含まれません。

しかし、野菜でもアレルギー症状が出ることがあります。

多くは、「口腔アレルギー」で口の周りが赤くなったり、痒くなったりします。

 

初めて与える時には、赤ちゃんの体に合うかどうか確認するために少量だけにしておくと安心ですよ。

 



Chapter 2. 離乳食のかいわれ大根の下ごしらえや冷凍方法

Section 1. 離乳食のかいわれ大根の下ごしらえ方法

かいわれ大根の下ごしらえはとても簡単!
切って洗って調理するだけですよ。

葉や茎の間に茶色の種の殻が付いていることがありますので、きれいに取り除いてあげてくださいね。
(食べても体に害はありませんよ)

かいわれ大根の離乳食の下ごしらえ

  1. かいわれ大根をパックから出す
  2. 根元から3cm上の部分を包丁で切る
  3. 水を溜めて洗い、種を取り除く
  4. 食べやすい大きさに切って調理する

加熱するとビタミンなどの栄養が少なくなってしまうので、スープやうどんの汁に入れたり、お焼に混ぜ込んだりすると栄養が損なわれにくくなります。

下茹でしても良いですが、少し栄養が少なくなってしまうということを知っておくと良いでしょう。

 

Section 2. かいわれ大根は冷凍できる?離乳食に使える?

かいわれ大根は冷蔵保存をするのが一般的な保存方法です。

傷むのが早いので、2,3日で食べ切る方が良いでしょう。

 

食べ切れない時には冷凍保存をすることもできますが、触感や味が悪くなってしまうのであまりおすすめはされていません。

しかし、離乳食に使うのであれば辛味が抑えられ、解凍すると柔らかくなるので下ごしらえしたものを冷凍すると良いと思いますよ。

 

先ほどご紹介した下ごしらえ方法でしっかり水気を切ってから冷凍保存用の袋に入れて冷凍するか、下茹でして小さく刻んだものを製氷皿に入れて冷凍すると良いですよ。

 



Chapter 3. 赤ちゃんにおすすめのかいわれ大根離乳食レシピ!!

離乳食後期 かいわれと大根の豆腐だれサラダ

Cpicon 離乳食後期~貝割れと大根の豆腐だれサラダ

■材料(一人分)
かいわれ大根一掴みくらい
大根一掴みくらい
豆腐1/12
すり胡麻 少々
鰹節少々

■作り方
1、大根、かいわれ大根は、粗めのみじん切りにする。
2、豆腐をレンジで20秒ほど加熱して、冷ましておく。
3、大根を柔らかくなるまで茹でる。
4、大根がゆで上がったら、貝割れもさっと茹でてザルにあげ、さましておく。
5、2の豆腐に鰹節、すり胡麻を混ぜる。
6、4に5をかけて、最後に鰹節をちらして完成。


 

離乳食完了期 かいわれ大根とフワフワ卵の味噌汁

Cpicon かいわれ大根とフワフワ卵の味噌汁

■材料(2人分)
だし汁 500cc
かいわれ大根1/2パック
味噌大さじ2程度
卵一個
*大人用のレシピなので、味が濃い場合はお湯で薄めて下さい。

■作り方
1、鍋にだし汁を温める。その間にかいわれ大根を1cm幅に切る。
2、だし汁が煮たったら、かいわれ大根を入れ、味噌を溶かす。
3、溶き卵を鍋に回し入れ、菜箸でかき混ぜたら出来上がり。

 

Chapter 4. まとめ

  • かいわれ大根は辛いので離乳食後期に生後9か月頃から食べさせると良い
  • 赤ちゃんには必ずしっかり加熱したものを与えましょう
  • 種があるので、しっかり洗い流してから調子してください

 

ビタミンが多いので野菜が足りない時などに使ってみると良いと思いますよ。

ただし、わざわざ離乳食のために買ってまで食べさせる必要はないと思いますので、大人の食事に使う時があれば赤ちゃんにも食べさせてあげてください。

 

関連記事

大根はいつから?生の大根おろしや大根の葉いつから食べられる?

豆苗はいつから?下ごしらえや冷凍方法、レシピご紹介!



-未分類
-

Copyright© 離乳食.ねっと , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.