離乳食後期から使える食材

生後9ヶ月の赤ちゃんにおすすめの手作りおやつのレシピ10選!

更新日:

 

 

赤ちゃんの離乳食が3回食になったら、そろそろおやつを食べさせてみようかなと考えている方もいると思います。

 

市販のおやつでは、生後6か月頃から与えられるようなおやつもありますが、安心安全で愛情たっぷりな手作りおやつを作ってあげるのはいかがですか?

 

離乳食後期に入ったばかりの生後9か月頃の赤ちゃんにおすすめの手作りおやつレシピをご紹介していますので、ぜひお子さんに作ってあげてくださいね。




生後9か月の赤ちゃんにおやつは必要?

 

お店に行くといろんな種類の赤ちゃん用のおやつが売られています。

「もうこんなおやつも食べさせていいのかな?」と疑問に思う方もいるとおもいますので、まずは生後9か月頃の赤ちゃんとおやつについてまとめました。

 

 

生後9か月の赤ちゃんにはおやつは必要?

 

生後9か月になると3回食に移行する赤ちゃんも多いと思います。

1日のエネルギーの6~7割ほどを離乳食から摂るようになりますが、食べる量も赤ちゃんによって異なりますし、食べムラが出てくる場合もあります。

 

また、赤ちゃんの胃袋は小さく、消化器官の発達も途中なので一度に食べられる食事の量も少ないのです。

赤ちゃんは代謝が良く、1日に必要なエネルギー分を3回の離乳食では摂ることができない場合があります。

 

そんな時におやつはエネルギーを補うための「補食」として必要になってきます。

 

 

赤ちゃんにおやつをあげる目的は?

 

赤ちゃんにおやつをあげる目的はいくつかあります。

 

エネルギー補給をするため

まずは、先ほどもお伝えしたように足りないエネルギー補給としておやつを食べます。

「補食」として足りない栄養を補うために食べる食事ということなので、甘いお菓子を与えるのではなく栄養が補えるようなものが理想的だと言われています。

 

だいたい1日1回(または2回)、食事に支障が出ない10時や3時などの与えるのが良いです。

1歳頃で1回のおやつで100kcal 摂ると良いと言われています。

 

 

食べる楽しみを知る

離乳食がなかなか進んでいない赤ちゃんもいると思います。

離乳食が苦手だったり、食べムラがあったりする赤ちゃんもいると思いますが、おやつを通して食べ物への興味を高めたり、「食べることは楽しい」ということを知ることができると言われています。

 

自分で手で持って食べられることが嬉しくて、食事も食べてくれるようになることもあるようですよ。

 

 

手づかみで運動機能の発達を促す

生後9か月頃になると手づかみ食べができるようになる赤ちゃんが多くなります。

手先を使うと脳が刺激され、赤ちゃんの発達が促されると言われていますよ。



生後9か月に赤ちゃんにおすすめのおやつとは?

 

生後9か月になると、上下の歯茎で食べ物を押しつぶせるようになるので、ある程度のかたさのあるものを食べられるようになっていると思います。

 

離乳食の固さの目安は、熟したバナナくらいのかたさのものです。

 

関連記事

生後9~11か月離乳食後期に移るタイミングは?離乳食の量や形状は?進め方のポイント!

 

 

では、生後9か月の赤ちゃんにおすすめのおやつについてまとめました。

 

 

つぶせるかたさのものを選ぶ

歯茎でつぶせないかたさのものは、そのまま飲み込んでしまう恐れがあるので注意しましょう。

口の中に入れて溶けて食べられるようなものであれば、大丈夫です。

 

 

生後9か月の赤ちゃんには、赤ちゃん用のクッキーなどある程度かたさのあるもので噛む練習をさせてあげても良いでしょう。

小さく割って、万が一飲み込んでしまって喉に詰まらない大きさで始めてみてください。

 

パンケーキ、蒸しパンなども食べられるようになりますので、水分と一緒に少しずつ食べさせてあげてください。

 

関連記事

赤ちゃんの離乳食でホットケーキミックスはいつから?冷凍方法やおすすめレシピ5選!

 

 

砂糖や塩などの味付けができるだけない

 

離乳食後期頃になると少しずつ調味料を使うようになると思います。

しかし、基本的には薄味が良いので、必要なければ味付けはせずに素材そのものの味を活かして作るようにしてください。

 

塩分が多いものは、消化する際に体に負担がかかってしまいます。

砂糖の多い甘いものも、控えた方が良いでしょう。

 

甘い味は赤ちゃんの好物ですので、早くから甘いものに慣れてしまうと離乳食を食べずお菓子ばかりを欲しがるようになる場合もあるようです。

3歳頃までは砂糖の甘さは必要ない、といわれる方もいるくらいです。

 

果物の自然の甘さは食材の素材の味を知れるのでおやつにも取り入れていくと良いと思います。

 

関連記事

離乳食の調味料の進め方は?赤ちゃんに使っても良い量はどれくらい?アレルギーは?



生後9か月の赤ちゃんにおすすめ!手作りおやつレシピ10選!

 

生後9か月頃の赤ちゃんにおすすめの手作りおやつレシピを紹介します。

赤ちゃんの成長には個人差がありますので、お子さんの離乳食の進み具合に合わせて固さなどを調節してくださいね。

 

1歳以降の赤ちゃんのおやつにもおすすめですよ!

 

 

ほうれん草&バナナ蒸しパン

バナナとほうれん草の栄養たっぷりのおやつです!
炊飯器で作れるレシピですよ。

 

材 料(3個人分)

ほうれん草 5g
バナナ   10g
薄力粉   40g
ベーキングパウダー 2g
ミルク   40g

作り方

1、ほうれん草は茹でておきます。バナナとほうれん草はすり潰して滑らかにします。
2、全ての材料を混ぜ合わせ、型に流し入れます。
3、炊飯器の蒸しコースで10分加熱して、蓋を開けずに5分余熱で中心まで完全に蒸したら完成です。

参考:ほうれん草&バナナ蒸しパン

 

 

さつまいもとバナナのおやき

さつまいもとバナナの自然な甘さで赤ちゃんも喜んで食べそう!
もちもち美味しいおやつですよ。

 

材料 (1人分)

さつまいも(マッシュの状態) 50g
バナナ  1/2本
片栗粉  大1
サラダ油 適量

作り方

1、さつまいもを茹でて潰す。バナナと片栗粉を加えてよく混ぜる。さつまいもとバナナは少し粒が残っていても大丈夫です。
2、油を薄く敷いたフライパンに、スプーンですくったタネを落としていく。上から軽く押さえて平たくする。
3、片面が焼けたら裏返し、火が通ったら完成!

参考:Cpicon 離乳食後期〜さつまいもとバナナのおやき〜

 

 

かぼちゃのきな粉団子

食べやすい上に、栄養たっぷりのおやつです。
かぼちゃの甘みで赤ちゃんも喜んでくれそうですね。

 

材料 (1人分)

かぼちゃ  2cm角切り3個
ヨーグルト 小さじ1
きな粉   適量

作り方

1、2cmくらいの角切りにしたかぼちゃをレンジで3分くらいチン♪柔らかくなったらかぼちゃの皮はカット。
2、かぼちゃをつぶしたら、ヨーグルトを加えて混ぜる。
3、②を1口大に丸めて(私は俵型にしました)、表面にきな粉をまぶす。

参考:Cpicon 離乳食中期~後期★かぼちゃのきな粉団子 

 

 

にんじんゼリー

にんじんの栄養たっぷりのゼリー!
粉寒天で食物繊維もとれますよ。

 

材料 (4個分)

にんじん 60g
粉寒天  1g
水    130cc

作り方

1、にんじんは柔らかくゆでて、ミキサーにかけるか裏ごしする。(ミキサーの場合は計った水と一緒にかけるとなめらかになりやすい)
2、鍋に水を入れて寒天を溶かし火にかける。混ぜながら2分間沸騰させる。
3、(1)と(2)を混ぜ、4等分にして容器に入れ、冷蔵庫で冷やす。1時間ほどで出来上がります。

参考:Cpicon 【離乳食*カミカミ期】にんじんゼリー

 

 

スイートバナナ

さつまいもとバナナとリンゴジュースで煮るだけ♪
簡単だけど果物の栄養たっぷりですね。

 

材料

さつまいも 100g
バナナ   小1本
りんご果汁 40cc

作り方

1、柔らかく茹でたさつまいも、バナナは成長過程に合わせて切る。今回はコロコロ角切り
2、今回はこちらのりんご果汁を使用。分量通りに溶かします。
3、耐熱容器に材料を入れて、600wで30秒チンして完成。4食分になりました。

参考:Cpicon 離乳食後期*スイートバナナ 

 

 

豆腐とにんじんとじゃがいものおやき

たんぱく質やビタミンが摂れるので、食事としてもOKなレシピです。
粉チーズが良い味ですよ。

 

材 料(1人分)

豆腐    50g
にんじん  10g
じゃがいも 10g
片栗粉   大さじ1
粉チーズ  小さじ1

作り方

1、にんじんとじゃがいもは皮をむいてみじん切りにし、柔らかくなるまで茹でます。
2、ボウルに豆腐を入れ、泡立て器で滑らかになるまで混ぜて、①と片栗粉・粉チーズを入れてさらに混ぜます。
3、フライパンに油を熱し、②をスプーンですくって落とし、両面を軽く焦げ目がつくまで焼いたら完成!

参考:豆腐とにんじんとじゃがいものおやき

 

 

レンジでコーン蒸しパン

トウモロコシの甘さがおいしいおやつ!
レンジで手軽に作れるのが嬉しいですね。

 

材料 (直径10cmのシリコンスチーマー1個分)

ホットケーキミックス  大さじ3
コーン     大さじ1〜
牛乳      大さじ1.5

作り方

1、シリコンスチーマーの中でHMと牛乳をよく混ぜる。ホットケーキの生地より少しドロっとした感じです。
2、コーンを入れて混ぜる。今回は茹でたとうもろこしを使いました。
3、蓋やラップはせず、電子レンジ500wで1分30秒加熱。
4、爪楊枝で真ん中を刺して、生地がついてこなければOKです。
5、食べやすい大きさに切ってあげてください。

参考:Cpicon 離乳食後期〜*レンジでコーン蒸しパン

 

 

りんご蒸しパン

年中手に入りやすく、赤ちゃんも食べやすいリンゴを使ったおやつです。
レンジでチンするだけで簡単に作れます。

材料 (1人分)

りんご 10g
ホットケーキミックス  大さじ3
牛乳  大さじ1.5

作り方

1、りんごを厚さ5mmのいちょう切りにし、ラップをかけて1分レンジでチンします。
2、ホットケーキミックスと牛乳を混ぜ合わせます。
3、2にチンしたりんごを加えます。
4、クッキングシートの上に3を4等分にわけて置きます。
◎円にしたほうが熱の通りが良いです。
5、レンジで600w1分チンします。

参考:Cpicon 《離乳食後期》りんご蒸しパン

 

 

離乳食後期♡子どもおはぎ(きな粉)

軟飯を丸めてきなこをまぶすだけで簡単に作れます!
栄養たっぷりのおやつに変身ですね。

 

材料 (1人分おやつ)

軟飯  その子の食べられる量(写真は大さじ4位)
きな粉 大さじ1
(砂糖)お好みでどちらでも

作り方

1、軟飯・ごはんでラップを使ってきゅっと小さいおにぎりを作る。
2、きな粉(お好みで砂糖入り)を表面にまぶす
3、手づかみ食べの出来る子なら、お皿に乗せて

参考:Cpicon 離乳食後期♡子どもおはぎ(きな粉)

 

 

3分で完成おやつ♪赤ちゃんチーズクッキー

たんぱく質がしっかり摂れるおやつです。

レンジで簡単に作れるのでお手軽でおすすめです!

 

材料 (離乳食後期1食分:親指大3本)

小麦粉     大さじ1
片栗粉     大さじ1
粉チーズ  小さじ1
ベーキングパウダー(アルミニウム不使用) ほんの少し
豆乳または牛乳   小さじ1と1/2
菜種油              小さじ1
塩(大人のみ)   ひとつまみ

作り方

1、粉類をすべて合わせてスプーンでぐるぐる混ぜたら、サラダ油・牛乳を加えてさらにグルグル。
その後は手でコネコネ♪
2、とても粉っぽいけど大丈夫!
手でコネて丸めていくうちにまとまってきます。
まとめたら3等分にして細長く、平らに丸めます。
3、キッチンペーパーの上に2を並べ、ラップなしでレンジ600Wで40秒加熱。
加熱直後は柔らかいけど、冷めると落ちつきます!
★レンジの種類によって加熱時間は調整してください。

参考:Cpicon 3分で完成おやつ♪赤ちゃんチーズクッキー

 

 

 

まとめ

 

市販のおやつが手軽ですが、手作りおやつも簡単に作ることができますよ。

 

手作りなら、味の調節もできますし、添加物も含まれていないので安心して赤ちゃんに食べさせてあげることができると思います。

 

関連記事

赤ちゃんのおやつは無添加が安心!おすすめの市販のおやつ12選!






-離乳食後期から使える食材
-

Copyright© 離乳食.ねっと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.