赤ちゃんの離乳食について、食材別にご紹介!

離乳食.ねっと

離乳食の進め方

離乳食 5,6か月ごろの進め方

投稿日:

離乳食が開始するのはいつか、どんな食べ物をどのように与えるかなど、5,6か月頃の進め方をまとめました。

Chapter 1. 離乳食はいつから始めるの?

離乳食の開始は、5、6か月頃が目安です。この頃には、赤ちゃんの消化機能が整い、スプーンを口にいれると押し出そうとする反射も消えていきます。

大人が食べている様子に興味を示し、よだれが出たり、口を動かしている様子が見られたら、赤ちゃんの体調や期限が良い日を選んで始めましょう。

スプーンを舌で押し出すようなら、反射がまだ残っているので、離乳食の開始はもう少し様子をみてからにしてください。

0.1. 最初は1日1回の離乳食

最初の離乳食は1日1回です。授乳タイムのうち1回を離乳食の時間にあてます。離乳食の後には、飲みたがるだけ母乳・ミルクを与えましょう。

与える時間は、できれば午前中や午後の早い時間が理想ですが、ママのゆとりのある時間でも大丈夫です。

スタートして1か月くらい経つと消化機能もより整ってきます。よく食べるようなら、離乳食の回数を1日2回に増やしても良いでしょう。残りの授乳タイムから、もう1回を2回目の離乳食の時間にします。2回目の離乳食の後にも、母乳・ミルクは欲しがるだけ与えましょう。

 

Chapter 2. どんな食べ物をどう与える?

離乳食に慣れるため、食べ物は1さじから与えます。最初に与えるのは、消化に良いおかゆなど炭水化物のものが良いでしょう。機嫌よく、うんちの状態も変わらないなら、次から量を増やしても大丈夫です。

炭水化物の他にも野菜も与えてOKです。これも様子を見ながら、1さじから始めます。おかゆや野菜に慣れてきたら、豆腐や白身魚などタンパク質の食材を与えましょう。

離乳食の後には、母乳・ミルクを欲しがるだけ与えましょう。

 

Chapter 3. 離乳食のかたさは?

食べ物はポタージュスープくらいのなめらかなペースト状から始めましょう。プレーンヨーグルトのかたさとなめらかさが目安です。まずは、母乳・ミルク以外の食べ物をごっくんと飲み込む練習をします。

上手に飲み込めるようになってきたら、加える水分を少しずつ減らしていきます。5、6か月頃の離乳食の終わりごろには、粒が少し残っていても食べられるようになると思います。

0.1. 自然そのものの味で

食材のもつ自然な味で十分なので、だしや野菜スープ以外の調味料による味付けは必要ありません。むしろ、はじめから濃い味付けにしてしまうと、食材の味を知れませんし、赤ちゃんの未熟な肝臓に負担をかけてしまいます。

 

Chapter 4. どんなふうに食べるの?

この頃の赤ちゃんは、舌はまだ前後にしか動かせないので、取り込んだ食べ物は、そのまま舌で奥へと移動させて飲み込みます。

スプーンを口の奥に入れると嫌がることがあるので、スプーンは下唇の上あたりに置くようにしましょう。はじめは、上手く食べられず口からだらだらと出してしまうこともよくあります。上手にごっくんと食べられるまで、赤ちゃんも何度も練習をしていますので、根気よく続けましょう。

様子を見て、7・8か月頃の離乳食に進めてくださいね(^^)/

 

 

 

-離乳食の進め方

Copyright© 離乳食.ねっと , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.