赤ちゃんの離乳食について、食材別にご紹介!

離乳食.ねっと

主食 離乳食初期 食材

赤ちゃんの離乳食 うどんはいつから?おすすめの種類や1回の量は?塩分の摂りすぎに注意?!

更新日:

うどんはのどごしも良く、食べやすくて好きな人も多いと思います。
ごはんの代わりに主食としても与えることができますが、赤ちゃんにはいつ頃から与えることができるのでしょうか?

生麺、乾麺など種類のいろいろで初めて与える時には迷いそうですし、量もどれくらい与えてよいのか…
そんな離乳食のうどんについて役立つ情報をまとめました!




赤ちゃんの離乳食 うどんはいつから?

うどんの栄養は?赤ちゃんにもおすすめ?

うどんの主成分は炭水化物(糖質)です。
糖質は最も効率の良いエネルギー源で、さらにうどんは消化にも良いので、赤ちゃんにも大人にも嬉しい食材です。他の栄養はあまりはいっていないので、食べ過ぎには注意が必要ですよ。

他の具材と組み合わせやすいので、肉や魚、野菜などを一緒に調理することで栄養の偏りを防ぐことが出来ますよ。

 

赤ちゃんの離乳食 うどんはいつから?

赤ちゃんは離乳食初期の生後6ヶ月頃からうどんを食べることができます。

おかゆや食べやすい野菜に慣れてきた離乳食初期の生後6か月頃から与えることができるので、はじめは柔らかく煮てから、すりつぶしてペースト状にして与えます。うどんは消化に良いので、赤ちゃんにも良い食材のひとつですね!

離乳中期頃からは、他の野菜や肉、魚などを入れてあげると気になる栄養面もカバーでき、食べやすいのでおすすめの食材ですよ。
だしに片栗粉などでとろみを付けてあげると、食べやすくなりますよ。

 

だいたいの大きさの目安をまとめましたので、参考に小さく刻んであげてくださいね。

【かたさと大きさの目安】

6か月頃:すりつぶして、のばす
7~8か月頃:5ミリくらいに刻む
9~11ヶ月頃:1~2センチに切る
1歳~1歳半頃:食べやすい大きさに切る(5cmくらい)

赤ちゃんの小麦アレルギーに注意!

うどんの原料は小麦粉です。
小麦粉は三大アレルゲンの一つなので、赤ちゃんのアレルギーが起こる可能性があります。
小麦アレルギーの心配ばあるなら離乳食中期頃から始める方が良いでしょう。

初めて与える時は、病院の開いている平日の午前中(9~10時頃)に、小さじ1の少量を食べさせて様子をみてください。
少量にすることで、万が一アレルギー症状が出ても重篤化することを防ぐことができます。

よく起こるアレルギーの症状は、

・口の周りの赤み、腫れ、かゆみ
・発疹、じんましん
・下痢、嘔吐
・目のかゆみ、充血
・喉のかゆみ、痛み

などが起こることがあります。
何かいつもと違うことが起こったら、念のために病院で診てもらう方が良いでしょう。



赤ちゃんの離乳食におすすめのうどんの種類は?1回の量はどれくらい?

赤ちゃんにおすすめのうどんの種類はある?

うどんには、乾麺・生麺、茹で麺、冷凍麺などさまざまな種類がありますよね。
基本的にどのうどんも離乳食に使うことができます。

少し気をつけないといけないことは、うどんに含まれている「塩分」です。

離乳食を食べている赤ちゃんには食材そのものの味を教えてあげる必要があります。
塩分が濃いものは消化器官の未熟な赤ちゃんの体に負担をかけますし、薄味のものを食べてくれなくなることもあります。
離乳食後期頃までは基本的に味付けは無しで与えた方が良いと思いますよ。
(調味料で塩が使えるようになるのは、離乳食後期からです)

乾麺
乾麺の場合には塩分が多く含まれていることがあるので、茹でた後にしっかりと水で洗い流してから調理してください。
赤ちゃん用として売られているものには、塩分が入っていないのでそちらを使うと短く切ったりする手間もはぶけるのでおすすめですよ。
乾麺は長期保存できるので、たまに使いたいという方にピッタリです。

生麺
乾麺に比べると塩分は少ないです。茹で時間が短く添加物も含まれていないものが多いです。
賞味期限が短いのがデメリットです。大人が食べる時に取り分けて与えると良いでしょう。

冷凍麺
冷凍うどんはコシが強いものが多く、しっかり茹でても柔らかくならないものもあります。
使用する時には、記載の時間以上に長くゆでて煮込んで与えてください。冷凍なので長期保存できるので、いざって時に役立ちます。

茹で麺
初めからやわらかく茹でてあるので、調理の時間を短くできます。
乾麺より少ないですが塩分が含まれます。PH調整の添加物が含まれている場合もありますが、特に食べても害はないと言われています。

 

赤ちゃんの離乳食期別のうどんの1回の量は?

では、赤ちゃんの離乳食で与えるうどんの量はどれくらいなのでしょうか?
目安を知っておくと、赤ちゃんの食べ過ぎ防止になりますよ!

初めて与える時(生後6ヶ月頃)

初めは「小さじ1杯」から始めましょう。
大丈夫であれば、1日ごとに小さじ2杯、3杯と少しずつ増やしていきます。

離乳食初期が終わるころには、1回あたり30~35gほど食べられます。

 

離乳食中期(生後7~8ヶ月頃)

1回あたり:35~50g

2回食になりますが、うどんを与えるのはその内の1回までにしておきましょう。
うどんには塩分が含まれているので2回にすると塩分を摂りすぎてしまう恐れがあります。

はじめの頃は1回35gほどからスタートし、赤ちゃんの様子を見ながら増やしていきましょう。
離乳食中期の終わりには、1回50gまで食べることができます。

 

離乳食後期(9~11ヶ月頃)

1回あたり:60~80g

3回食になります。その内の1回であればうどんを与えることができます。
9か月頃は60gからスタートし、1歳頃には80gまで食べることができます。

食べる量に個人差が出てきているので、あくまで目安なので赤ちゃんの食べる量に合わせてあげてください。

 

離乳食完了期(1歳~1歳半頃)

1回あたり:90~110g

3回食も定着してきて、大人の取り分けから与えることも多くなってきていると思います。
離乳食後期で食べていた量から少しずつ増やして最大110gほどまで食べることが出来ます。

他の食材のバランスを考えて与えるようにしてください。

 



赤ちゃんの離乳食 うどんの調理法&冷凍方法は?

離乳食のうどんの調理法は?

大人は出汁でうどんを食べることが多いかもしれませんが、離乳食では赤ちゃんにいろんな与え方が出来ますよ。
いつも一緒だと赤ちゃんも飽きてしまうかもしれませんので、調理の参考にしてみてください。

・きな粉+豆乳

Cpicon 離乳食【中期】豆乳きなこ♪うどん

 

・あんかけうどん

Cpicon 納豆とオクラの餡掛けうどん(離乳食)

 

・うどんのお焼


Cpicon 離乳食 手づかみ焼きうどん 卵なし!

 

・焼きうどん

Cpicon 離乳食完了期◆鮭入り焼きうどん

 

離乳食のうどんの冷凍方法

うどんは冷凍することができます。
茹でたものを1食分ずつラップに包んでから、冷凍保存用の袋に入れて冷凍してください。

ペースト状のものは、製氷皿などに小分けにいれると電子レンジで温めるだけで食べられますよ!
1週間を目安に食べ切るようにしてくださいね。

 

まとめ

・うどんは離乳食初期の、生後6ヶ月頃から与えましょう。

・どの種類でも与えてOKですが、塩分には注意!

・初めての時には小麦アレルギーに気をつけましょう

・うどんは1日に1食までにして、食べ過ぎないようにしましょう

 

離乳食が3回になった時のお昼ごはんなどにとても便利なうどん!
下ごしらえして冷凍しておくとすぐに使えるのでおすすめですよ。

 

関連記事

パスタはいつから?アレルギーは?茹で方や茹で時間、冷凍保存は?

オートミールはいつから?アレルギーは?お粥やおやきなどのレシピもご紹介!



-主食, 離乳食初期 食材
-

Copyright© 離乳食.ねっと , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.