果物 離乳食初期から使える食材

赤ちゃんの離乳食マスカットはいつから?アレルギーは?冷凍方法もご紹介!

更新日:

 

 

マスカットの旬は7~9月で、この時期にはお店で美味しいマスカットが買うことができますよ。マスカットは「果物の女王」と呼ばれており、とても良い香りがして高級感もありますよね。

おいしいマスカットは赤ちゃんにも食べさせてあげたいと思いますが、赤ちゃんにはいつから与えて良いのでしょうか?

 

マスカットを離乳食に使う時に役立つ情報をまとめたので参考にしてください。




赤ちゃんの離乳食マスカットはいつから?

 

 

赤ちゃんの離乳食マスカットはいつから?

 

 

赤ちゃんは、離乳食初期の生後5,6カ月頃からマスカットを食べることができます。

 

皮は飲み込みづらく喉にひっかかってしまう恐れがあるので取り除き、やわらかい実の部分のみ与えるようにします。

マスカットは基本的には生のままでも食べられますが、初めて食べる時には加熱をして与えた方が良いです。

 

種は消化できないので必ず取り除きましょう!種なしのものも多く出回っているので、種なしマスカットを買う方がオススメですよ。

 

 

やわらかい実の部分はすりつぶしてピューレ状にしたり、食べやすい大きさに切って食べさせますが、離乳食初期のはじめの頃は、少量のお湯で味を薄めてから与えた方が赤ちゃんには飲みこみやすいと思います。

また、はじめから甘いものに慣れるのは味覚の形成にはよくありませんので、そういった面でも薄めて与えた方が良いと言われています。

 

赤ちゃん用のジュースにも「5,6カ月頃は薄めてください」という表記があるのもそのため。

甘くて食べやすいので食べさせすぎないように、与える量は大人が調節してあげてください。

 

 

 

離乳食のマスカットの大きさと形状の目安

 

赤ちゃんの成長に合わせて調節してあげてください。

 

マスカット大きさの目安

  • 5~6か月頃:すりつぶしてピューレ状にする(はじめはお湯でのばす)
  • 7~8か月頃:細かいみじん切りにする
  • 9~11か月頃:粗いみじん切り、1㎝角くらい
  • 1歳~1歳半頃:半分くらいに切る

粒のまま与えると喉に詰まる恐れがあるので、1歳になってから様子を見ながら食べる大きさを大きくしていってください。

 

 

 

マスカットの栄養は?

 

マスカットの主成分はブドウ糖ですが、ポリフェノール、ビタミンB1、B6、銅、カリウム、マンガンなどがバランス良く含まれています。

ブドウ糖はすばやくエネルギーに変わるので活発な赤ちゃんのエネルギー源として良い成分です。

 

ビタミンB1は消化吸収を良くして、エネルギーへの変換を早くしてくれる効果があるので、疲労回復効果が期待されます!

ポリフェノールは視力回復や老化防止の効果があるので、ママにとっても嬉しい成分です!

 



 

離乳食でマスカットのアレルギーや気をつけることは?

 

赤ちゃんのマスカットアレルギーの心配は?

 

 

マスカットはアレルギーになりにくい食材ですが、マスカットアレルギーは存在するそうです。まれにアレルギーが起こることがあるので、初めて食べる時に注意が必要です。

症状としては、食べた後に唇や口のまわがかゆくなり腫れることが多いそうです。ひどい時には下痢、嘔吐、腹痛、呼吸困難、アナフィラキシーショックのようなことも起こることがあるそうです。

 

初めて食べさせる時には少量にして、加熱してから与えるようにしてください。

 

 

加熱することでアレルギーの原因となるアレルゲンを少なくすることができるので、初めて食べる時には少しでもリスクを抑えたいですからね。

加熱することのメリットは他にもあります。

【加熱するメリット】

・甘みが増す
・やわらかくなり消化しやすくなる
・熱で殺菌することができる

生のまま与えるのが心配な方は毎回加熱してもよいと思います。

 

関連記事

離乳食で赤ちゃんの口元が真っ赤に!アレルギーの心配は?どのように対応すれば良い?

 

 



 

赤ちゃんの離乳食マスカットの下ごしらえ&冷凍方法

 

離乳食のマスカットの下ごしらえ・調理法

 

 

赤ちゃんに食べさせる時の下ごしらえの方法です。参考にしてください。

マスカットの下ごしらえ方法

1、包丁や手でマスカットの皮をむく
2、半分に切って種を取り除く
3、包丁やフォークなどでつぶしてピューレ状にしたり、食べやすい大きさに切る

 

そのままでは味が濃いようなら、少量のお湯で薄めましょう。

赤ちゃんがそのまま食べてくれない時には、ヨーグルトなどに混ぜてあげると程よい甘さになって食べやすくなるのでオススメです。

 

 

マスカットを使った調理例

・蒸しパン
・パンケーキ
・サラダ
・パン粥

などに混ぜると甘みが出て美味しくなりますよ!

 

 

 

離乳食のマスカットの保存方法、冷凍保存

 

マスカットを保存する時には常温でも保存できますが、賞味期限が短くなってしまいますので冷蔵庫など直射日光が当たらない冷暗所に保存するようにしましょう。新聞紙やビニール袋に入れて保存し、食べる直前に洗うようにしてください。

房つきの場合は、3~5日ほど保存できます。房から外す場合は一粒ずつ枝を2,3mmほど残してキッチンバサミなどで切って袋などに入れて保存します。こちらは1週間ほど保存できますよ。

 

 

マスカットの冷凍保存方法

マスカットは皮つきのまま冷凍することができますよ。

枝を2,3mm残して房から切り取ってから、タッパーや袋に入れて冷凍します。2~3週間ほど保存できますよ。

皮をむいてからピューレや刻んだものは製氷皿に入れて冷凍すると離乳食で簡単に使えるので便利ですよ。

こちらは1週間ほどで食べたほうが良いと思いますよ。

 

 

 

まとめ

 

  • マスカットは離乳食初期の生後5~6か月頃からOK
  • 初めて食べる時にはアレルギーに注意!
  • 心配な方は加熱してから食べさせるようにしましょう
  • マスカットは冷凍保存可能!皮付きでも冷凍可能!

 

旬のマスカットはとても美味しいので、ぜひ赤ちゃんにも食べさせてあげてくださいね!食べ過ぎないようにだけ量は調節してあげてください。

 

関連記事

離乳食のみかんはいつから?アレルギーや気をつけることは?みかんの缶詰はOK?

洋ナシはいつから?アレルギーは?冷凍保存はできる?






-果物, 離乳食初期から使える食材
-

Copyright© 離乳食.ねっと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.