赤ちゃんの離乳食について、食材別にご紹介!

離乳食.ねっと

野菜 離乳食初期 食材

離乳食のブロッコリーはいつから?茎は食べてもいいの?茹で方や保存方法は?

更新日:

サラダや温野菜としてよく食べられるブロッコリーですが、離乳食でも使いやすい野菜の一つなんですよ!
栄養豊富なので、離乳食でもいろんな調理の仕方をして赤ちゃんに食べさせてあげたいですね。

大人は茎も食べますが、赤ちゃんにはどうしたらよいのか、また茹で方や保存方法なども合せてご紹介しますので、離乳食作りの参考にしてくださいね!




Chapter 1. 離乳食で赤ちゃんはいつからブロッコリーを食べてもいい?

Section 1. ブロッコリーの栄養は?

ブロッコリーにはたくさんの栄養素が含まれています。
中でもビタミンCは他の野菜や果物に比べてかなり多く、レモンの約2倍、アスパラガスの10倍と言われています。
ビタミンCは、粘膜を強くして免疫力を高める働きがあるので風邪予防にとても良いのですよ!

βカロチンも多く含まれており、βカロチンは体の中で骨や体の成長に不可欠なビタミンAを作ります。他にも、ビタミンB群、ビタミンEも多く含まれていますよ!

その他には、カリウム、鉄分、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、葉酸といった体に良い栄ミネラルがたっぷり含まれている緑黄色野菜です。

 

Section 2. 離乳食ではいつからブロッコリーを与えていいの?茎はどうする?

赤ちゃんには生後5、6ヶ月頃の離乳食初期からブロッコリーを食べさせても良いです。

離乳食初期のころは、穂先の部分のみを離乳食に使ってください。
穂先切ってをそのまま与えるとボソボソとして食べにくいので、やわらかく茹でたブロッコリーの穂先をしっかりすりつぶしてお湯などでのばして与えましょう。おかゆに混ぜて与えるのもオススメです。
苦みはあまりないので、食べやすいと思いますが、嫌がるようなら出汁やミルクでのばしてあげると食べやすくなると思いますよ。

7、8月頃の離乳食では、片栗粉などでとろみをつけると食べやすくなります。
9〜11ヶ月頃の離乳食以降は少しずつ軸に近い部分が入るように切り方を大きくしていくと良いでしょう。

 

【ブロッコリーのかたさと大きさの目安】

5、6ヶ月頃 :穂先をすりつぶして湯でのばす
7、8ヶ月頃 :穂先を小さく刻み、とろみをつける
9〜11ヶ月頃:穂先を粗いそぎ切りにする
1歳〜1歳半頃:穂先を一口大に切り分ける

Section 3. ブロッコリーの茎はいつからOK?

ブロッコリーの茎は本来食べることが出来ますが、ゴックン期の離乳食初期では与えないようにしましょう。

ブロッコリーの茎の部分は、しっかり茹でてまわりの固い部分を取り除けば離乳食中期頃から食べることが出来ます。
はじめはできるだけ細かく刻んで与えるようにしてください。その後は月齢に応じた大きさに切って離乳食につかってくださいね。
咀嚼力には個人差があると思いますので、無理に茎を食べさせなくても大丈夫ですよ。

茎の部分にも栄養はたっぷりあるので、捨ててしまうのはもったいないので、赤ちゃんに与えない場合は大人が食べてくださいね。

 

Section 4. ブロッコリーのアレルギーはある?

赤ちゃんは、ブロッコリーでアレルギーになることはあまりありません。
しかし、食べ物である以上はアレルギー症状が出ることがあるので、初めて食べさせる時には慎重に与える方が良いでしょう。

万が一、何か症状が出てもたくさん食べなければ重症にはならないので、初めての時には小さじ1杯のみにしておきましょう。

食物アレルギーの症状は、

・口の周りが赤くなる、かぶれる
・発疹
・喉のかゆみ
・嘔吐、下痢

などが多いようですので、何か異変があれば病院診てもらうようにしてください。



Chapter 2. 離乳食のブロッコリーの下ごしらえ、茹で方は?

Section 1. 離乳食のブロッコリーの下ごしらえ

ブロッコリーを普段からよく食べる方は、下ごしらえの方法を知っていると思いますが、再確認ということで読んでくださいね。

【ブロッコリーの下ごしらえ】

1、ブロッコリーの茎を少し残して、小房に切っていきます
2、水の張ったボウルの中で穂先を洗います

水道水でそのまま穂先を洗っても、表面の汚れやゴミが取れるだけで、穂先の中までは洗えません。
穂先の中に虫がいることがあるので、ボウルに水を張って、その中で洗うときれいになりますよ!

 

Section 2. 離乳食のブロッコリーの茹で方は?電子レンジもOK?

ブロッコリーを茹でる方法は、お湯で茹でるか、電子レンジで加熱するかが良いと思います。
それぞれのやり方を紹介します。

【お湯で茹でる方法】

1、鍋にお湯を沸騰させる
2、下ごしらえしたブロッコリーの小房をいれ、沸騰したお湯で柔らかくなるまで茹でる
(大人はさっと2,3分がいいですが、赤ちゃんは5分くらいが食べやすいです)
3、茹で上がったらザルにあけ水気をきります
4、その後食べやすいように細かく切ってください

ブロッコリーのビタミンCは水溶性で、お湯に溶けてしまうので大人はサッと茹でるくらいが良いのです。
しかし、赤ちゃんはかたい食感が残っていると食べづらいので、しっかり柔らかくなるまで茹でてあげてください。
ゆで汁を料理に使えるなら、使うと栄養が無駄になりませんよ。
(ゆで汁が緑になった場合は、お酢を少し入れると透明に戻りますよ!)


画像引用:https://rassic.jp/content/618

【電子レンジで加熱する方法】

1、下ごしらえしたブロッコリーの水気を切らずに耐熱皿に入れる
2、ふんわりラップをかける
3、600Wの電子レンジで、1房10~20秒加熱。

温めすぎて焦げてしまうこともあるので注意してください。固いようなら、さらに時間を足して加熱してください。
水分が少ないと、美味しくないブロッコリーになりますので注意!

ブロッコリーを水で湿らしたキッチンペーパーで包んでから、ラップをして加熱すると蒸し野菜のようになりますよ。
茹でるよりもビタミンが損なわれませんが、やわらかくなるまでしっかり加熱する必要があります。



Chapter 3. 離乳食のブロッコリーのおすすめの保存方法は?冷凍保存はOK?

ブロッコリーは、鮮度が落ちやす野菜なので、買ってから長期間冷蔵庫に入れていると黄色に変色したり、蕾が開いてきたりして美味しくなくなってしまいます。鮮度が落ちる前に茹でて冷凍するのがオススメですよ。

スーパーで購入するときにも、できるだけ新鮮で美味しいブロッコリーを選びたいですよね。
新鮮なブロッコリーを選ぶポイントは、

・緑色が濃いもの
・房がキュッとしまっているもの

が良いでしょう。

逆に、黄色くなっているもの、蕾が開いてきているものは鮮度が落ちてきているので避けましょう。
切り口が黒いものも鮮度が落ちている証拠ですので、切り口がみずみずしいものを選んでください。


画像引用:http://kitchen-tips.jp/18958

Section 1. 離乳食のブロッコリーの冷凍保存方法

ブロッコリーを冷凍するときは、少し固めに茹でて冷凍することがおすすめです。
解凍する時に再び加熱するので十分やわらかくなりますよ。

赤ちゃんの離乳食以外でも、大人の料理で使うこともあるかもしれませんからね!
沸騰したお湯で、2,3分茹でると良いでしょう。

ザルにあげてしっかり水気を切り、冷めてから冷凍保存用の袋にいれて冷凍してください。

 

赤ちゃんの月齢に合ったペースト状、刻んだものを冷凍する場合は柔らかく茹でたものを使った方が下ごしらえもしやすいと思います。
下ごしらえしたもの、調理したものは製氷皿などで小分けにして保存すると良いと思います。1週間以内に使い切ってくださいね。

解凍する時には、電子レンジか、鍋に入れて加熱してください。

 

Chapter 4. まとめ

・ブロッコリーは離乳食初期の生後5,6か月ころからOK

・茎の部分は離乳食中期から食べられるので、細かく刻んで食べさせてあげましょう

・アレルギーにはなりにくいが、初めての時には慎重に。

・ブロッコリーは傷みやすいので、鮮度の良いときに茹でて冷凍するのがおすすめ!

 

栄養豊富でいろんな調理の仕方ができるので、冷凍保存も活用して離乳食に使ってみてくださいね。

関連記事

カリフラワーはいつから?アレルギーは?下ごしらえやレシピ

かぶはいつから?アレルギーはある?おすすめレシピも!



-野菜, 離乳食初期 食材
-

Copyright© 離乳食.ねっと , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.