赤ちゃんの離乳食について、食材別にご紹介!

離乳食.ねっと

海藻類 離乳食中期 食材

赤ちゃんの離乳食 ひじきはいつから?アレルギーは?1回の食べる量や下ごしらえは?

更新日:

海藻の一種のひじきは栄養があり健康に良さそうなイメージがありますよね。
実際のところ、栄養満点で赤ちゃんの離乳食にも使いやすい食材なのです!

アレルギーやヒ素の心配もあるのか、下ごしらえはどうするのかなど離乳食作りに役立つ情報をまとめました。




Chapter 1. 赤ちゃんの離乳食でひじきはいつから?

Section 1. ひじきの栄養は?赤ちゃんの歯や骨を強くする!

ひじきには、骨や歯を強くするカルシウムや便秘解消に効果的な食物繊維、血液を作る鉄分がたっぷり含まれています。
可食部100gあたりの含有量は、

カルシウムは牛乳の約12倍
食物繊維はごぼうの約7倍
鉄分が鶏レバーの約6倍

も含まれているんですよ!

他にも、カルシウムの吸収を助けるマグネシウムマンガンビタミンKも含まれているので、赤ちゃんの歯や骨を丈夫にする効果があります。

 

Section 2. 赤ちゃんの離乳食 ひじきはいつから?

赤ちゃんは離乳食後期の生後9か月頃からひじきを食べることができます。

育児書などによっては離乳食中期の生後7,8か月頃からをすすめるものもありますが、生後9か月以降の方が良いと思います。その理由としてあげられるのが、

・独特の触感や磯臭さがある
・繊維が多いので食べづらい
・消化があまりよくない

ということが言えます。離乳食中期に食べさせたい方は、少量をすりつぶして与えるようにしてください。

 

食べる量 1食の目安

乾燥ひじき・・・小さじ1程度
 生ひじき・・・ひとつまみ程度

を目安にしてください。
ヒ素が含まれているので、あまり食べ過ぎないほうが良いでしょう。



Chapter 2. 赤ちゃんの離乳食でひじきアレルギーやヒ素の心配は?

Section 1. 赤ちゃんのひじきアレルギーは?

海藻類はアレルギーが起こりにくい食材ですが、アレルギーになる可能性があるそうです。
初めて食べさせる時には注意が必要です。

・わかめ
・のり
・昆布
・もずく

なども同じような成分を含んでいるので、同様にアレルギーになる可能性があります。

症状としては、口のまわりのかゆみ・腫れ、発疹、嘔吐、下痢、腹痛、アナフィラキシーショックなどが起こるようです。

初めて食べさせる時には、少量にしてアレルギーがないかどうか確認するようにしてください。

 

Section 2. ひじきのヒ素は赤ちゃんに大丈夫?

ひじきには「無機ヒ素」という有害な物質が含まれていることをご存知でしょうか?


無機ヒ素が体内に大量に入ると、次のような症状が起こるそうです。

無機ヒ素を一度に、または短期間に大量に摂取した場合、発熱、下痢、嘔吐、興奮、脱毛などの症状があらわれると報告されています。また、長期間にわたって継続的に大量に体内に入った場合には、皮膚組織の変化やがんの発生などの悪影響があると報告されています。

引用:農林水産省「食品中のヒ素に関するQ&A」

大人では乾燥ひじき5gを週に3回以上食べたりしなければ問題ないそうです。
日本人が今まで普通に食べてきた量であれば、ヒ素中毒の心配はないようです。

乾燥ひじきを水に戻すことで約5割、茹でることで約8割のヒ素を取り除くことができるので、調理の際には下茹ですることが1番なようです。

赤ちゃんに対するひじきのヒ素の影響も報告されていませんが、赤ちゃんは消化器官が大人より未熟なので、1食を少量にして週3回程度にしておく方が安心だと思います。



Chapter 3. 離乳食のひじきの下ごしらえ、保存方法は?

Section 1. ひじきを購入するときに離乳食におすすめのものは?

スーパーで購入する時には、一般的には乾燥させた「干しひじき」を購入すると、長く保存できて便利ですよ。新鮮なものを食べさせてあげたい時は生のものを購入しても大丈夫です。

市販のひじきには、部分別に出荷されることが多くいろんな種類のものが売られています。

【茎の部分を使用したもの】
(中には太くて長いものも、歯ごたえや弾力も強い)
・長ひじき
・茎ひじき
・糸ひじき

【芽・葉の部分を使用したもの】
(茎の部分よりも柔らかい)
・芽ひじき
・姫ひじき
・米ひじき

赤ちゃんには、やわらかくて食べやすい「芽」や「葉」の部分を使ったひじきを購入するほうが良いでしょう。

 

スーパーに売られているものの約9割が輸入品となっていますが、赤ちゃんに与えても特に問題はありません。気になる方はやや高値にはなりますが、国内産のものも売られているのでそちらを買うことをオススメします。

 

Section 2. 離乳食のひじきの下ごしらえ、大きさの目安

乾燥ひじきを水に戻して、下茹ですることでヒ素も8割ほど取り除けますよ!

離乳食のひじきの下ごしらえ

1、ひじきを水でもどす(パッケーシの表示に従って)
2、沸騰したお湯でしっかりと茹でる
3、茹で上がったら、すりつぶしたり、小さく刻んだりする

 

大きさの目安としては、

7,8か月頃 ・・・すりつぶすか、細かく刻む
9~11ヶ月頃・・・5mm以内の大きさに刻む
1歳~    ・・・1cm以内の大きさに切る

※私が離乳食で与えてみて、食べやすそうだと思った大きさです。参考までに!

そのままの大きさで食べられるのは「芽ひじき」で生後1歳半くらいからと言われています。
それまでは食べやすいように小さく刻んであげる方がよいでしょう。

 

Section 3. 離乳食のひじきの保存方法、冷凍方法

ひじきは乾燥のものは賞味期限が長く、長期保存することができます。
しかし、これは未開封の時の賞味期限です。

一度開封したものは、空気に触れて味が落ちてしまいますので、密閉して保存できる袋などに入れて保存し、できるだけ早く使う方が良いでしょう。

下茹でしたものや、調理したひじきは冷凍することができますよ!
1食ずつ小分けにして製氷皿などにいれて冷凍すると、離乳食に使いやすいですね。

解凍する時には電子レンジで温めるか、凍ったまま煮たり炒めたりしてもよいですよ。
1週間を目安に食べきるようにしてくださいね。

 

Chapter 4. まとめ

・ひじきは離乳食後期の生後9~11ヶ月頃から

・ひじきを初めて食べる時にはアレルギーの注意!

・1食を少量にし、週3回程度にしておけばヒ素の心配も大丈夫

・離乳食には「芽ひじき」「姫ひじき」「米ひじき」がオススメ!

・下茹でしたもの、調理したものは冷凍保存も可能

 

身体に嬉しい栄養素がたくさん含まれているので、食べる量に気をつけながら離乳食にも取り入れてあげてくださいね。

 

関連記事

赤ちゃんの離乳食 青のりはいつから?加熱は必要?オススメレシピをご紹介!

わかめはいつからおすすめの種類や下ごしらえ方法は?



-海藻類, 離乳食中期 食材
-

Copyright© 離乳食.ねっと , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.