貝類 離乳食完了期から使える食材

赤ちゃんの離乳食でハマグリはいつから?アレルギーは?だしは飲ませてもいい?

更新日:

 

 

おめでたい席には欠かせないハマグリを使った料理。お吸い物にするととても美味しい出汁がでますよね!

赤ちゃんの節句のお祝いなどで料理を準備したりすることもあると思いますが、せっかくだったら赤ちゃんにも食べさせてあげたいと思っている方もいるかと思います。

 

いつ頃なら赤ちゃんはハマグリを食べても良いのでしょうか?今回は、離乳食のハマグリの役立つ情報についてまとめました。




 

赤ちゃんの離乳食でハマグリはいつから?

 

 

赤ちゃんのハマグリはいつから?

 

赤ちゃんは、離乳食完了期の生後1歳頃からハマグリを食べることができます。

サイトや育児書によっては離乳食後期の生後9か月頃から食べられると書かれているものもありますが、貝がかたくて噛み切りにくいことと、少し消化されづらい食材なので、1歳になってから少しずつ与えていく方が良いと思います。

 

アレルギーがなければ離乳食後期からハマグリの出汁などは与えても大丈夫ですので、おいしい出汁がでるので食べさせてあげてください。

貝の身はそんなに早い時期から食べさせなくても良いという意見も多いようです。

 

加熱が甘いと食中毒になってしまう可能性もありますので、必ず新鮮なものをしっかりと加熱をして与えるようにしてください。

ご飯に混ぜたり、お汁、スープなどにして食べさせてあげるのがオススメですよ。

 

 

 

ハマグリの栄養は?

 

ハマグリには、アミノ酸バランスにすぐれた良質のたんぱく質が含まれています。

アミノ酸のグリシンやグルタミン酸、グリコーゲン、コハク酸などうま味成分がたっぷりなんです。グルタミン酸は脳を活性化させる働きがありますよ!

他にも、アスパラギン酸という成分が含まれています。アスパラギン酸は、体内の不要物を排出し、疲労回復の効果があります。

鉄やカルシウム、マグネシウム、亜鉛など不足しがちな栄養も含まれているので、赤ちゃんの体を健康にしてくれますよ。

 

 

 

赤ちゃんのハマグリのアレルギーは?

 

 

赤ちゃんは、ハマグリでもアレルギーになる可能性があります

貝の中ではアワビがアレルギーになりやすい食材に含まれていますが、その他にもアサリやハマグリなどでアレルギーになったことがある方もいるようなので、初めて与える時には出汁だけであっても注意が必要です。

 

 

症状としては、

・口や口のまわりの赤み、かゆみ
・発疹
・目のかゆみ、充血
・下痢、嘔吐
・喉の腫れ
・鼻水

などがあります。

 

初めて食べる時には、平日の午前中が良いので時間帯を考えてはじめは少量与えて様子を見るようにしてください。

おめでたい席で初めて食べさせて病院に行くことにならないように注意してくださいね!

 

関連記事

離乳食で赤ちゃんの口元が真っ赤に!アレルギーの心配は?どのように対応すれば良い?

 

 



 

離乳食のハマグリの下ごしらえ、保存方法は?

 

離乳食におすすめの新鮮なハマグリの選び方は?

 

赤ちゃんに食べさせるものであれば新鮮なものが1番です。特に魚介類は鮮度が落ちると食中毒になってしまう可能性のあるので新鮮なものを選びましょう。

 

新鮮なハマグリは

・殻表面にツヤがあるもの
・模様がはっきりしている
・貝は横に大きく、固く閉じているもの
・むき身は、全体的に透明感を帯びているもの
・貝柱がしっかりしているもの

口がうっすら開いていたり、模様がぼやけているものは鮮度が落ちていたり、年齢をかさねているものなので避けましょう。

 

 

 

離乳食のハマグリの下ごしらえは?

 

ハマグリを調理する前には必ず塩水につけて砂を吐かせましょう。

これをしないと食べた時に貝に砂が入っていてジャリっとすることがあります。一晩ほど置いておくとしっかり砂を吐いてくれますよ。(最低3時間)

 

 

ハマグリの砂の抜き方

1、海水と同じ塩分濃度の水を作る(3%)
2、バッドなど底が平らな容器にハマグリと塩水を入れてアルミホイルで蓋をして、何か所か穴をあけ冷蔵庫に。
(静かな暗いところに置く)
3、十分砂を吐いたら、流水で貝同士をこすり合いながら洗います。
4、その後は水から茹でると美味しい出汁がでますよ。

しっかりと加熱できてから、赤ちゃんに食べさせる分のハマグリの身だけ取り出して食べやすい大きさに刻んであげてください。

 

出汁がおいしいので出汁を使った料理がオススメです。

 

 

 

ハマグリは冷凍保存できるの?

 

ハマグリは風味を損なうことなく冷凍保存することができます。

しかし、冷凍に向いているのは加熱前の生の殻付きのハマグリに限ります!

 

ハマグリの消費期限は短いので、余ってしまいすぐに食べない時には冷凍するのが良いですよ。また、冷凍すると栄養やうまみがアップするようなので一石二鳥ですね!2週間ほど冷凍保存することができますよ。

冷凍するのであれば、しっかりと砂を吐かせてから冷凍保存用の袋に入れて冷凍してください。

 

 

一度茹でて加熱したハマグリを冷凍すると、解凍して再度加熱した時に身が縮まり固くなって美味しくありませんし、赤ちゃんには食べづらくなってしまいます。

離乳食で赤ちゃんにハマグリを与えるのは茹でたてのプリっとしたおいしいものだけにしてくださいね。

 

 

 

ハマグリを使った離乳食レシピ

 

おいしいハマグリが手に入ったら、参考に離乳食のも取り入れてみてください。

 

ハマグリの雑炊


Cpicon はまぐりの雑炊(離乳食中期)

 

材料

はまぐり   10粒
水      400cc
炊いたご飯  適量

作り方

1、はまぐりを砂抜きする。
2、鍋に、はまぐりと水を入れ火にかける。
はまぐりの口が開いたら、殻をとり剥き身だけ鍋に戻す。
3、2に炊いたご飯を加え煮込む。
4、はまぐりの身が小さくなるようにブレンダーにかけペースト状にする。
5、1食分ずつ小分けにして、冷凍保存する。

 

 

 

ハマグリのお吸い物

楽天レシピ 1才からのハマグリのお吸い物

 

材料(4人分)

ハマグリ(砂抜きしたもの)  8枚
だし汁          4カップ
塩            小さじ2
醤油            少々
三つ葉          適量

作り方

1、鍋にだし汁とハマグリを入れて煮る。
2、殻が開いたハマグリから順に取り出して火を止め、殻から身をはずす。
3、ハマグリのゆで汁をキッチンペーパーでこす。
4、鍋にこしたゆで汁を入れ、塩と醤油で味を調える。
5、お椀にハマグリの殻を開いたまま置き、両方の殻にむき身を1個ずつ乗せる。
6、三つ葉を添えて、温めた汁をよそる。

 

 

まとめ

 

  • 赤ちゃんは離乳食完了期の1歳頃からハマグリを食べられる
  • 赤ちゃんに与える時には新鮮なものをしっかり加熱して食中毒に気をつける
  • 調理の時には必ず砂抜きをしましょう
  • 殻付きの生のハマグリは冷凍保存できる

 

おめでたい席で一緒に食べられるようになったらいいですね。おいしいだしを赤ちゃんにも食べさせてあげてください。

 

関連記事

離乳食であさり・あさりのだしはいつから?水煮の缶詰は使える?冷凍保存はできるの?

離乳食でホタテはいつから?アレルギーは?ホタテの缶詰は使える?

 






-貝類, 離乳食完了期から使える食材
-

Copyright© 離乳食.ねっと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.