赤ちゃんの離乳食について、食材別にご紹介!

離乳食.ねっと

野菜 離乳食初期 食材

赤ちゃんの離乳食 にんじんはいつから?アレルギー・下痢・未消化は大丈夫?

更新日:

にんじんは緑黄色野菜でビタミンなどの栄養もあり、使いやすい野菜のひとつですね。食卓で使用する頻度も多く、離乳食の彩りもよくなりますのでぜひ使ってください!

にんじんの離乳食の下ごしらえや調理法などについてまとめました。




赤ちゃんの離乳食 にんじんはいつから?栄養は?

にんじんの栄養素

にんじんは「緑黄色野菜の王様」とよばれることのあるほどβ‐カロテンが豊富に含まれています。βカロテンは体内でビタミンAに変わり皮膚や粘膜を正常に保ち、鼻や喉の粘膜を強くするので免疫力を高める働きがあります。風邪のような細菌感染予防にも効果があるといわれています。

食物繊維が豊富なので、便秘の解消や予防に効果がありますよ。また、余分なナトリウムを排出してくれるカリウムも多く含まれていますよ。

他にも、鉄分、カルシウムなども含んでおり赤ちゃんに欠かせない栄養がたくさんですよ!

 

赤ちゃんにんじんはいつから?

赤ちゃんは離乳食初期の生後5,6か月頃からにんじんを食べることができます。

にんじんはクセがなく、茹でるとやわらかくなるため離乳食に向いている野菜の一つです。一年通して手に入りやすく、彩りも良いので、離乳食のレシピにもよく登場します。

赤ちゃんも食べやすい野菜なので、おかゆに慣れたら与えてみてくださいね!野菜デビューにもピッタリの野菜ですよ。
離乳食初期のころは柔らかく茹でたものをペーストにして与えてください。しっかり加熱することで甘みがでて食べやすいと思います。

にんじんをしっかり柔らかく煮るのは意外と時間がかかりまるので、あらかじめ下ごしらえをして冷凍保存しておくと、離乳食を作る負担を減らすことができます。時間に余裕があるときにまとめて茹でておくことがおすすめです。(^O^)

葉を切り落とした茎の部分が大きいものは芯が太く、かたくて甘みも少ないので、茎の部分が小さいものを選んでくださいね。



赤ちゃんの離乳食 にんじんのアレルギーはある?下痢や未消化は大丈夫?

にんじんのアレルギーはある?

赤ちゃんはにんじんでアレルギーが起こることが少ないですが、アレルギーになったことがある赤ちゃんもいるそうです。初めて与える時にはアレルギー症状が出る可能性があるので注意してください。

症状としては、

・口の周りが赤くなる、かぶれる
・唇が腫れる
・嘔吐、下痢、
・発疹
・目のかゆみ、充血
・鼻水

などがあります。

初めて食べさせる時にはスプーン1さじにしておき、食後の赤ちゃんの様子をみるようにしましょう。少量にしておくことで、アレルギー症状が出ても重篤化することを防げます。いつもとかわったことがあれば病院を受診する方が安心ですね。

下痢や未消化は大丈夫?

赤ちゃんの離乳食でにんじんを使ったときに、下痢になったり、消化されずにうんちににんじんが出てきてしまうことがあります。

赤ちゃんの消化器官は未熟で大人のようにうまく消化することができません。にんじんには繊維が多いので消化できずにそのままうんちに出てきてしまうことはよくあることです。
特に心配する必要はありませんが、その大きさのにんじんはまだ消化できないということですので、もう少し細かく刻むか、さらにしっかり煮込んだり茹でて柔らかくする必要があります。

月齢が大きくなるにつれて消化器官も発達してきますので、少しずつ大きさを調節していくと良いでしょう。

にんじんは食物繊維が多いので、たくさん食べ過ぎると下痢になってしまう可能性があります。
適量食べるのは便秘の解消にも効果があると言われていますが、なんでも食べ過ぎはよくありませんね。

すりおろしたりペースト状にすると意外とたくさん与えているので量は常識の範囲内で!



赤ちゃんの離乳食 にんじんの下ごしらえ・調理法

離乳食のにんじんの下ごしらえ

皮の近くにおいしさや栄養がたっぷり含まれているので、皮はうすくむきましょう。

鍋を使ってやわらかく茹でるのは意外と時間がかかります。
レンジを活用すると火をずっと見なくても良いですし、茹でるのに比べてビタミンの損失も少なくすることができますよ。状況に応じて、使いわけてみてください。

 

鍋で水から茹でる場合

1、薄く皮をむいてから、薄い半月切りやいちょう切りにする
2、鍋に水を入れてやわらかく茹でる
3、茹で上がったらフィークの背などを押し付けるだけでも、粗くつぶせます。

また、生のまますりおろして、おろし煮などに調理することもできます。

 

レンジで茹でる場合

1、耐熱容器に、にんじんと水を少し入れてラップをかける
2、レンジで2~3分加熱します。
3、にんじんを細く(または薄めに)同じ大きさに切っておくと、火がまんべんなく早く通りつぶすのも簡単です。

 

月齢によってつぶす粗さや切る大きさを変えて調理してください。多めに作って製氷皿にいれて冷凍保存すると、その都度解答して使えるのでオススメですよ!

かたさと大きさの目安

5、6カ月ころ・・・すりつぶして、湯でのばす

7,8か月ころ・・・やわらかく茹でてみじん切り

9~11カ月ころ・・・やわらかくゆでて小さく切る

1歳~1歳6カ月ころ・・・やわらかくゆでて角切りにする

 

離乳食のにんじんの冷凍方法

にんじんを加熱してやわらかくしておくと、離乳食の準備の時間が短縮できますよ!
多めに茹でて下ごしらえして冷凍しておくと便利なのでオススメです。

茹でて小さく刻んだものやペースト状にしてものを製氷皿などに小分けにして冷凍します。1週間ほど冷凍保存できるので、それまでに離乳食に使ってください。

解凍は電子レンジか、凍ったまま鍋に入れてほかの食材と加熱すると良いですよ。
必ずしっかりと加熱してください。

まとめ

・赤ちゃんは離乳食初期の生後5,6か月ころからにんじんを食べられる。野菜デビューにも◎

・アレルギーになることもあるので、初めてのときには少量にしましょう

・食べ過ぎは下痢になることも!未消化でも問題はないが調理法を見直して!

・多めに下ごしらえして冷凍するのが便利

 

にんじんは離乳食に使いやすく赤ちゃんも好きな子が多いのでオススメですよ!

関連記事

カリフラワーはいつから?アレルギーは?下ごしらえやレシピ紹介

かぶはいつから?アレルギーは?おすすめレシピも!



-野菜, 離乳食初期 食材
-

Copyright© 離乳食.ねっと , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.