赤ちゃんの離乳食について、食材別にご紹介!

離乳食.ねっと

野菜 離乳食初期 食材

赤ちゃんの離乳食 トマトはいつから?トマト缶やトマトジュースの冷凍はOK?

更新日:

夏の野菜の代表のトマト。栄養価も高く、やわらかくて離乳食には使いやすい食材ですね。夏だけでなく、一年中買いやすいのでいろいろ離乳食に使うことができます。

トマトの薄皮は離乳食では取り除くのが基本なので、下処理や冷凍方法もご紹介します。

赤ちゃんの離乳食 トマトはいつから?栄養やアレルギーは?

トマトの栄養は?

トマトは緑黄色野菜でβカロテンを多く含んでいます。βカロテンは体内でビタミンAになり、粘膜や皮膚の健康を維持し免疫力を上げる働きがあります。

トマトといえばリコピンと言われる色素が豊富に含まれています。リコピンには強い抗酸化作用があり、アンチエイジング効果があるのでママも積極的に摂りたい栄養ですね!

他には、疲労回復効果があるクエン酸、便秘の予防や解消に効果的な食物繊維、余分なナトリウムを排出するカリウムなども多く含まれているので、赤ちゃんにもぜひ食べさせてあげて下さいね。

 

トマトはいつから食べてもいいの?

赤ちゃんは離乳食初期の生後5,6か月頃からトマトを食べることができます。

離乳食に使うときはトマトの皮はかたく、赤ちゃんには噛み切ることができません。種も消化に悪いので食べさせないようにしましょう。離乳食では、トマトの皮・種と取って使うものだと思いましょう。

5,6か月頃のうちは加熱して与えますが、それ以降は生で食べられるので生のまま、食べやすい大きさに切って与えてあげましょう。生で食べる分、衛生面には十分に注意して調理してください。

初めはトマトを加熱して裏ごししたものを与えますが、加熱をすると煮詰まって味が濃いことがあります。その場合はお湯を少量入れて薄めてあげると飲み込みやすくなりますよ。

リンゴとの相性が良いのですりおろしたリンゴと合わせてあげると甘みが出て美味しく食べられますよ。

 

赤ちゃんのトマトアレルギーは?

トマトでもアレルギーが起こる可能性がありますので、初めて赤ちゃんに与えるときには注意をしましょう。

トマトでアレルギーになる原因は2つあります。
・花粉症
・仮性アレルゲン
の2つが考えられます。

花粉症の赤ちゃんはトマトを食べた時に、花粉と同じように体が反応して症状がでます。これは花粉と野菜のタンパク質が似ているからだと言われています。
もう一つは、トマトに含まれている、ヒスタミン、セロトニン、アセチルコリンなどの化学物質がアレルゲンとなり身体にアレルギー症状が引き起こされると言われています。

このアレルゲンは加熱をすると少なくなるので、心配な方は必ず加熱をしてから与えるようにしましょう。

アレルギーの症状は、

・唇が腫れる
・口がかゆくなる
・喉が痛くなる
・湿疹
・嘔吐、下痢
・目のかゆみ、充血

などが起こると言われています。

初めて与える時には、スプーン1さじにしておき、食後の赤ちゃんの様子を見るようにしてください。
何か変わったことがあれば病院を受診しましょう。

 

赤ちゃんの離乳食にトマト缶やトマトジュースは使える?冷凍はOK?

赤ちゃんにトマトを与える時には皮と種を取り除く必要がありますが、これが意外と面倒なんです!
そんな方に便利なのが、スーパーなどに売られているトマト缶やトマトジュース。

皮がなく、ペーストになっているものもあります。赤ちゃんの離乳食にも使うことができますが、無塩のものを購入して使うようにしましょう。ホールトマトでも、カットトマトでもOKです。
トマトジュースはそのまま飲み物として与えるのではなく、離乳食に材料として適量使うようにしましょう。

離乳食初期の生後5,6か月頃は食べる量も少ないですし、トマト缶やトマトジュースを使わずに生のものを調理してあげる方が安心だと思います。

7か月以降に離乳食に使う時にも加熱してから使う方が安心ですよ。煮込んでトマトソースなどにするといろんな料理に使えます。

トマトの種はどうする?

ペーストのものやカットトマトには種はあまりありませんが、ホールトマトの缶づめは種があることが多いので、取り除く方が良いでしょう。

トマトの種食べてしまっても消化せずにうんちと一緒に出てしまうだけなので、神経質になって全部取り除く必要はありませんが、ある程度は取っておいてあげた方が赤ちゃんも食べやすいでしょう。大きなトマトの果肉を先に取り除いて、残りの汁ごとザルに入れると種だけ取り除けると思いますので、大まかで良いので取り除きましょう。

 

冷凍はしてもいいの?

トマト缶は入っている量が多く、一度で使い切れないことが多いですよね。
そんな時には冷凍保存もできます。

冷蔵保存もできますが、冷凍のほうが鮮度を保って長く保存することができますよ。

種を取り除いたものをそのまま製氷皿に入れて小分けに冷凍するか、ジップロックなどの冷凍保存用の袋に入れて平らに冷凍すると、使いたい分だけポキっと折って使えます。

解凍する時は、電子レンジか鍋に入れてしっかり加熱しましょう。
赤ちゃんに与えるのであれば1週間を目安に使いたいですね。大人なら1か月くらい保存したものでも大丈夫ですよ!

 

赤ちゃんの離乳食 トマトの下ごしらえ・冷凍方法

離乳食のトマトの下ごしらえ

赤ちゃんにはトマトの皮と種を取り除いてから調理するようにしましょう。
皮と種さえ取ってしまえば、実はやわらかくて調理しやすいので、少し面倒ですが下ごしらえをしっかりしましょう。

皮は湯むきをして取り除きます。ツルっとむけて気持ちいいですよ!この方法なら、プチトマトの皮も簡単にむけます。

湯むき方法

1、トマトのヘタの反対側(とがっている法)に包丁で十文字の切り目をいれます。
皮が切れれば良いので、深く切らなくても大丈夫です。

2、ヘタを包丁でくりぬき、そこにフィークを刺し、沸騰させた湯にトマトを回しながら入れます。

3、皮が裂けてめくれてきたら、湯から引き上げ、冷水につけます。
数秒つけたら取り出し、裂けた皮を手でむきます。

*プチトマトの場合は、切り込みを入れたプチトマトをフォークに刺さずに、穴あきおたまなどに入れてお湯の中に入れましょう。1分くらいですぐ皮が裂けてくるので、裂けたらすぐにあげて冷水にいれて皮をむいてください。

かたさと大きさの目安

5,6か月頃・・・なめらかにすりつぶす(加熱する)

7,8か月頃・・・粗みじん切りにする

9~11カ月頃・・・小さく切る(1センチ角くらい)

1歳~1歳6カ月頃・・・食べやすい大きさに切る

 

トマトの冷凍保存

皮と種をとって下ごしらえしたトマトは冷凍保存するとすぐに使えて便利ですよ。
月齢に合った大きさに切ったもの、ペーストにしたものを製氷皿に入れて冷凍します。1週間ほど保存できますので、1週間を目安に使い切りましょう。

解凍は電子レンジで加熱するか、鍋に入れて他の食材と煮込んでもOKです。

トマトは加熱すると甘みが出て食べやすくなります。トマトソースををつくってフリージングしておくと、煮物のソースとして使うだけでなく他の野菜や肉、魚などにもあえて食べやすくすることもできるのでオススメですよ(^O^)

 

まとめ

・トマトは離乳食初期の生後5,6か月頃からOK

・アレルギーになることもあるので、初めての時には注意しましょう

・トマト缶・トマトジュースは無塩のものなら離乳食に使える

・離乳食ではトマトの皮と種を取り除きましょう

 

栄養豊富で、料理の色どりもよくなるのでいろんな食材と合わせてつかってくださいね。

関連記事

ピーマンはいつから?アレルギーや調理法は?

ブロッコリーはいつから?調理法や冷凍は?

 




-野菜, 離乳食初期 食材
-

Copyright© 離乳食.ねっと , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.