赤ちゃんの離乳食について、食材別にご紹介!

離乳食.ねっと

ビタミン類の食材 野菜

赤ちゃんの離乳食 白菜はいつから?芯の部分は赤ちゃんも食べられる?冷凍保存は?

投稿日:

冬になると鍋料理をすることが多くなると思いますが、鍋料理に欠かせない食材が『白菜』ですよね!クタクタに煮るとやわらかくて赤ちゃんにもよさそうな感じがしますが、いつからたべられるのでしょうか?また、白い芯の部分も食べられるのか?

今回は、

・赤ちゃんはいつから白菜をたべられるのか?芯の部分は?

・白菜のアレルギーの心配は?

・白菜を食べさせる時に気をつけること

・離乳食の白菜の下ごしらえ・保存方法

などについてまとめました。

Chapter 1. 白菜の栄養は?赤ちゃんの風邪予防にも!

白菜の95%は水分ですが、ビタミンC、カリウム、マグネシウム、亜鉛などのミネラル類がバランスよく含まれており、冬の健康維持に欠かせない食材です。また、食物繊維が豊富なので、便秘の解消にも良いですね。

白菜の葉の部分には、ビタミンCが多く含まれています。風邪予防のためには葉の部分を多く食べると良いでしょう。

芯の部分には、カリウムが多く含まれています。むくみや高血圧が気になる人にオススメですね。

 

Chapter 2. 赤ちゃんの離乳食 白菜はいつから食べられる?

0.1. 白菜は離乳食初期から

赤ちゃんは、離乳食初期の5,6か月頃から白菜を食べることができます。白菜は味に癖がなく、煮込むととろとろになり、甘みも出て食べやすいので初期の赤ちゃんでも食べやすい野菜だと思います。

芯の部分は繊維が多いので、離乳食後期から与えることができます。離乳食初期のころは、葉先の部分のみを柔らかく煮て、すりつぶしてからペースト状にして与えてください。

Chapter 3. 赤ちゃんの離乳食 白菜でアレルギーの心配は?

白菜は比較的アレルギーになりづらい食材ですが、白菜アレルギーは存在するようです。どんな食べ物にでもアレルギーになる可能性はあるので、初めて与える時には注意をしましょう。

症状は、口や喉の腫れ、目や鼻のかゆみ、吐き気、下痢、発疹、アナフィラキシーショックのような症状などもあるようです。

初めて食べさせるときは、野菜だから大丈夫かな?ではなく、少量のみ与えて様子を見た方が安心だと思います。たくさん食べてしまってアレルギー症状が出たら大変ですからね。

 

Chapter 4. 赤ちゃんの離乳食 白菜を食べさせる時に気をつけることは?

0.1. 芯の部分は離乳食後期から

白菜の芯の部分は繊維が多いので、離乳食初期・中期の赤ちゃんには飲み込みづらく消化もうまくできないので離乳食後期から与えるようにしましょう。

芯の部分は生のままだとかたくて歯茎で噛めないので、しっかり煮込んでクタクタにして与えてください。

 

0.2. 煮汁も一緒に食べましょう

離乳食で白菜を使うときには、お湯で茹でたり、煮たりして調理する事が多いと思いますが、白菜のビタミンCは水に溶けやすいので加熱している間に流れ出てしまうようです。茹でたお湯を捨てるのはもったいないですよ!

調理の時に茹でた煮汁も一緒の食べられるようなメニューを考えてあげると良いですね!水炊きなどをするときは、大人の鍋からそのまま取り分けてお汁も入れてあげると良いですね(^^)

 

Chapter 5. 赤ちゃんの離乳食 下ごしらえ・保存方法は?

0.1. 加熱は電子レンジでもOK

離乳食の白菜の加熱は、葉先の部分でも、芯の部分でもしっかり水洗いをしてから沸騰したお湯で柔らかくなるまで茹でてください。

その後に赤ちゃんの食べやすい大きさに切って与えましょう。白菜だけで食べづらいようなら、片栗粉でとろみをつけてあげると食べやすくなります。煮汁も使えて良いですよ。

お湯を沸かすのが面倒!という方は、電子レンジでも加熱する事ができますよ。実はこちらの方法の方が栄養が逃げないのでよかったりします。

電子レンジの加熱方法

1、洗った白菜を食べやすい大きさにカットします。

2、水分を残した状態で、耐熱容器に白菜を入れてラップをします。

600wで100gにつき1分ほど加熱します。

3、まだ柔らかくなければさらに時間を追加して加熱してください。

 

※出来上がり後、ラップを外す時には火傷に注意してくださいね。

0.2. 白菜は冷凍保存OK

白菜は冷凍保存する事が可能な食材です。白菜を冷蔵庫に置いておくと場所をとり、長い間置いておくと歯が傷んでしまうので、すぐに使わないなら冷凍すると良いでしょう。

冷凍するとシャキッとした食感はなくなり、クタッとした食感に変わります。加熱時間が生のものより短くなるので、離乳食や鍋料理などには良いですね。

生のまま冷凍する方法

白菜を洗ってから、生のままザクザクと切り、冷凍保存用の袋に入れます。なるべく空気を抜いて、そのまま冷凍してください。

解凍するときは、凍ったまま出汁やスープの中に入れて加熱調理してください。電子レンジでの加熱は水分がたくさん出てしましますよ。

 

加熱したものを冷凍する方法

離乳食用に加熱してたくさん下ごしらえした場合は、細かく切ったものや、ペースト状にしたものを製氷皿などに入れて冷凍しましょう。白菜だけ冷凍するのではなく、汁も一緒に冷凍すると栄養を逃さず摂れるのでオススメですよ。

解凍するときは、電子レンジでチンしても良いですし、出汁やスープにそのまま入れて加熱しても良いですですよ。

 

Chapter 6. まとめ

・白菜は離乳食初期の5、6ヶ月から食べられる

・芯の部分は繊維が多いので、離乳食後期から与えましょう

・初めて食べるときはアレルギーに注意

・白菜の栄養を逃さないように、汁も一緒に食べさせましょう

・白菜は、生でも加熱してからでも冷凍保存OK

 

冬以外でなくでも手に入る野菜で、クセがなく食べやすいので離乳食にも使って赤ちゃんに食べさせてあげてくださいね(^^)

 

関連記事

離乳食のほうれん草はいつから?気をつけることや、調理法は?

離乳食のキャベツはいつから?気をつけることや、調理法は?

-ビタミン類の食材, 野菜

Copyright© 離乳食.ねっと , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.