赤ちゃんの離乳食について、食材別にご紹介!

離乳食.ねっと

離乳食の進め方

離乳食 9~11か月頃の進め方

投稿日:

生後9か月頃になると離乳食を食べるのもずいぶんと上手になってくるころだと思います。食べ物への興味もますますでてきた頃だと思います。

生後9~11か月頃の離乳食について、進めるタイミングやかたさの目安などをまとめました。

Chapter 1. 9~11か月頃の離乳食にはいつ頃移るの?

7,8か月頃の離乳食を始めてから2か月くらい経ち、絹ごし豆腐のかたさのものがモグモグと食べられるようになったら、9~11か月頃の離乳食に進みます。

離乳食の回数は1日3回にしていきます。3回にならない場合は、生活リズムを見直しましょう。早朝・深夜を避けて、離乳食と離乳食の間隔は3~4時間はあけるようにしてください。3回食に慣れたら、少しずつ離乳食の時間をずらして大人と同じ時間に食事ができるようにしていくと良いでしょう。ただし、3回目の離乳食は、夜7時くらいまでには食べ終えるようにしてください。

 

Chapter 2. 何をどのように与えるの?

個人差がありますが、離乳食から栄養の60~70%をとるようになるので、栄養バランスの良い献立を考えましょう。

食べられる食材の数も増え、食べ物のかたさが大人に近づくので、大人の料理から取り分けて離乳食を作ると良いでしょう。また、味付けは風味づけ程度に少量の塩やしょうゆ、みそが使えるようになるので、献立にも変化がつけられます。

豚肉や牛肉、背の青い魚なども食べられるようになります。鉄分が不足しがちな時期なので、レバーやまぐろ、ほうれん草など鉄分の多い食材を積極的に取り入れましょう。

食べ物から栄養をとる割合が増えても、まだ母乳やミルクは必要です。離乳食のあとにも与えますが、飲まないようなら無理に与えなくても良いです。

規則正しくメリハリのある生活をし、できるだけ決まった時間に食事ができるようにすると良いですね(^^)/

 

 

Chapter 3. 離乳食のかたさは?

9~11か月頃の離乳食では、奥の歯茎で食べ物を噛めるようになります。しっかり歯茎で噛む練習ができるよう、熟したバナナくらいのかたさのもの、指で少し力を入れると楽につぶせるくらいのかたさのものを目安にしてください。柔らかいものであれば、大きめのさいの目など形があっても食べられるようになります。

 

Chapter 4. どんなふうに食べるの?

この頃は、舌が左右にも動くようになります。口に入れた食べ物を舌で左右どちらかの歯茎の上に移動させて、歯茎で噛んで食べるようになります。

小さなものを指でつまんだり、つぶしたり、指先の感触も楽しみます。手で持って自分で口に運ぶという動作は、自分で食べられるようになるために必要なことです。手づかみで食べられるメニューを一つでも入れてあげると良いと思います。汚したりこぼしても、ある程度は自由にさせてあげてください。

 

ますます活発になって、食事中にじっとしてくれないこともあると思いますが、家族での食事の時間を作り、楽しい雰囲気の中で食事ができれば良いですね(*^^)

-離乳食の進め方

Copyright© 離乳食.ねっと , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.