赤ちゃんの離乳食について、食材別にご紹介!

離乳食.ねっと

野菜 離乳食初期 食材

赤ちゃんの離乳食 カリフラワーはいつから?アレルギーは?下ごしらえやレシピ

更新日:

カリフラワーは形がブロッコリーに似ていますが、あまり馴染みがなく食べない方が多いようです。
ブロッコリーの方が安価で身近な野菜ですが、カリフラワーも離乳食に使えて栄養豊富なんですよ!

シチューやスープ、炒め物にサラダなど色んな料理に使えるので、ぜひ食事や離乳食に取り入れてください。




Chapter 1. 赤ちゃんの離乳食カリフラワーはいつから?アレルギーは?

Section 1. カリフラワーの栄養は?

カリフラワーは淡色野菜ですが、レモンと同じくらいのビタミンCを含んでいます。茹でてもビタミンCが損なわれないので、粘膜を強くして免疫力をアップする効果があり風邪予防をしてくれますよ。

葉酸もたっぷり含まれており、赤血球の形成を助ける働きがあります。造血のビタミンとも呼ばれています。

他には、体内の余分なナトリウムを排出するカリウム、便秘改善や予防に効果的な食物繊維も多く含まれていますよ!

 

Section 2. 赤ちゃんはいつからカリフラワーがOK?

赤ちゃんは離乳食初期の生後5、6ヶ月頃からカリフラワーを食べることができます。
赤ちゃんにも食べやすく離乳食に向いている野菜と言われています。

茎の部分は青くさいので赤ちゃんが嫌がることが多いので、離乳食に使う時には白い蕾の部分のみにしましょう。

しっかりやわらかくなるまで茹でて、食べやすい大きさに刻んだり、離乳食初期の頃はすりつぶして与えるようにしましょう。

スープ、シチュー、グラタン、炒め物など出汁にもミルクにも合う野菜なので使いやすいですよ。

 

Section 3. カリフラワーのアレルギーは?

野菜はあまりアレルギーにならないといわれていますが、カリフラワーはアレルギーになることもあるそうです。初めて与える時には慎重に!

花粉症の赤ちゃんはアレルギーが出やすいようなので注意が必要です。花粉症と野菜アレルギーが関係しているのは、花粉のタンパク質と野菜アレルギーのタンパク質が似ているからだと言われています。

症状は、

・口、のどの腫れ
・口がピリピリする
・目のかゆみ、充血
・鼻水
・下痢、嘔吐
・発疹
・アナフィラキシーショック

 

などがあります。初めて与える時には念のために少量にしておき、何かあればすぐに病院に行くようにしましょう。



Chapter 2. 赤ちゃんの離乳食 カリフラワーの下ごしらえ、冷凍方法

Section 1. カリフラワーの選び方

新鮮なカリフラワーには栄養も豊富なのでおいしいですよ!スーパーや八百屋で買う時には新鮮なものを選んで買うようにしましょう。

【新鮮でおいしいカリフラワー】

・持った時に重みがある
・白いつぼみがつまってかたいもの
・茎の断面がみずみずしく、変色していない
・葉が鮮やかでハリがある

カリフラワーの旬は秋~冬頃と言われています。

 

Section 2. 離乳食のカリフラワーの下ごしらえ

カリフラワーには多少アクがありますが、茹でることでアクがなくなるので心配はいりません。

ブロッコリー同様に、つぼみの部分をやわらかく茹でて調理しますが、カリフラワーは茎よりつぼみの部分がかたくしまっているので茹でる時には房を下に向けて茹でるようにしましょう。

茹でた後に水にさらすと、栄養が水に流れてしまいカリフラワーが水っぽくなるので、さらさないように!

 

【カリフラワーの下ごしらえ】

1.カリフラワーを茹でやすい大きさに切る

2.沸騰したお湯でやわらかくなるまで茹でる (つぼみの部分を下に向けて入れる)

3.茹で上がったらザルに取る(水にさらさない)

4.食べやすい大きさに切ったり、ペーストにしたりする

 

茹で時間が短いとカリフラワーがかたくてモサモサして食べづらいので、5分ほど茹でると良いでしょう。
一度試食してみて、かたさを確認してくださいね。

 

Section 3. カリフラワーの冷凍保存は?

カリフラワーは長い間冷蔵庫に置いておくと、色が変色しておいしくなくなっていきます。
買ってきたらできるだけ早く使うのが1番ですが、使いきれない時やすぐに食べない時には冷凍保存することをオススメします。

使いやすい大きさに切ってからかために茹でて冷凍保存用の袋に入れて保存しましょう。

 

離乳食用に茹でてペーストにしたものや刻んだものは、製氷皿やカップなどに小分けにして冷凍すると使いやすいですよ!
赤ちゃんに食べさせるものなので1週間を目安に使いきるようにしましょう。

解凍は電子レンジか凍ったまま汁物にいれて加熱すればOKです。



Chapter 3. 赤ちゃんにオススメのカリフラワー離乳食レシピ

離乳食初期 カリフラワーのおかゆ


Cpicon 離乳食♥初期*カリフラワーのおかゆ* by Banyangarden
■材料
・10倍がゆ        大さじ1~2
・カリフラワー   小さじ1~3

■作り方
1、10倍がゆを用意する。
2、カリフラワーを小房にわけ、沸騰したお湯で茹でる。
3、穂先部分だけをカットし、すり鉢ですり潰す。
※湯や茹で汁でお好みにのトロトロ加減に調節して下さい。
4、10倍がゆにカリフラワーを盛り付けて出来上がり!


 

離乳食中期  カリフラワーのクリームシチュー


Cpicon 離乳食中期☆カリフラワークリームシチュー by もりさらら
■材料
・カリフラワー 小房1個
・ブロッコリー 少量
・豆乳 20ml
・コンソメ BF 1包
・鱈 4分の1切れ

あれば
(・コーンパウダー 小さじ1)

■作り方
1、カリフラワー、ブロッコリー、鱈を茹でて柔らかくなったらつぶす
2、コーンパウダーとコンソメをいれて20ml程度の熱湯でとかし1.にまぜる
3、豆乳を追加する
4、お好みですこしレンジで温めて(500w 30秒)
ブロッコリーを少しかざりつけできあがり


 

離乳食後期  野菜とマカロニのドリア


Cpicon 9ヶ月~離乳食★野菜とマカロニのドリア by ぴんチャン

■材料
・茹でブロッコリー   1個
・茹でカリフラワー   2個
・マカロニ              10本
・BFホワイトソース   1袋
・粉チーズ                少々
・微塵切りパセリ       少々
・粉ミルク (牛乳)       80cc
・水溶き片栗粉           少々
・5部粥 アイスキューブ3個

■作り方
1、ブロッコリー・カリフラワーを微塵切りにして鍋に入れます。
茹でたマカロニを微塵切りにし、同じく鍋へ。
2、粉ミルクをお湯で溶き、鍋に入れて火にかけます。
沸騰してきたら弱火にし、2~3分煮てから水溶き片栗粉でトロミをつけます
3、グラタン皿にお粥を入れ、2を上に乗せます。
ホワイトソースを真ん中に乗せて、粉チーズ・パセリを振ってオーブンで3分焼く

 

Chapter 4. まとめ

・カリフラワーは離乳食初期の生後5、6ヶ月頃から食べられる。

・アレルギーになることもあるので初めて与える時には慎重に!

・傷みやすいので、使いきれないときには冷凍保存がオススメ

 

栄養豊富で離乳食に使いやすい野菜なので、旬の季節には取り入れて食べさせてあげてくださいね(^^)

関連記事

パプリカはいつから?アレルギーは?薄皮のむき方や冷凍方法

海苔はいつから?アレルギーや下痢の心配は?加熱は必要?



-野菜, 離乳食初期 食材
-

Copyright© 離乳食.ねっと , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.